手元マイナス

2020年09月02日

てもとまいなす、と読む。

輸送にかかる費用のほうが売却価格より高いため、発送する時点(手元)で損失が発生してしまう状況をいう。販売を目的とせずに生成されたものを売却する場合や、価値が大幅に下がった商品を売却する場合が想定される。

主に廃棄物処理の業界で使用される用語。リサイクル用途で購入してもらえるが、運賃のほうが高いという状況を指す。廃棄物処理法上の解釈については、こちらの記事を参照。

単に「逆有償」ということもあるが、他の意味もあり誤解を生じる恐れがあるため要注意。