混合廃棄物

2019年07月26日

複数の種類の廃棄物が混合している場合であって、種類ごとに分けることが難しい(一体不可分)のものを「混合廃棄物」「混廃(こんぱい)」と言うことがあります。法律上の定義はありませんが、「建設工事から生ずる廃棄物の適正処理について 環廃産第110329004号 平成23年3月30日」では、「建設混合廃棄物」について2か所で定義しています。

  • 「建設混合廃棄物」とは、建設廃棄物であって安定型産業廃棄物とそれ以外の廃棄物(木くず、紙くず等)が混在しているものをいう。
  • 建設工事から発生する廃棄物で、安定型産業廃棄物(廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず、がれき類等)とそれ以外の廃棄物(木くず、紙くず等)が混在しているものを建設混合廃棄物という。

また、建設業団体が推奨する建設系の紙マニフェストには、「混合(安定型のみ)」や「混合(管理型含む)」という選択項目があります。建設系マニフェストは広く普及しているため、事実上公認されていると言っていいでしょう。

さらに「電子マニフェストシステム 各種コード表」では、電子マニフェストの登録のための廃棄物分類コードを設定しています。そこでは、「一体不可分の産業廃棄物」として、

  建設混合廃棄物、安定型建設混合廃棄物、管理型建設混合廃棄物、新築系混合廃棄物、解体系混合廃棄物、安定型混合廃棄物、管理型混合廃棄物

のコードが用意されています。電子マニフェストは国の制度ですので、これらの種類の混合廃棄物があることについては、事実上国のオーソライズがあるとみてよいでしょう。

含まれるものを確認しましょう

混合廃棄物について明確な基準があるわけではありません。許可証にもこのような表現がされていることは少ないため、契約書に記載する場合は、実際に含まれる産業廃棄物を、通常の20種類から抜き出して「建設混合廃棄物(木くず、紙くず、繊維くず、廃プラ、金属くず、がれき類、ガラス陶磁器くず)」などと付記するか、含まれる種類の許可を受けているかを確認したほうが良いでしょう。

建設系廃棄物マニフェストのしくみ」でも、記載要領として「混合廃棄物の場合は「混合」の番号に○印をつけ、数量を記入するとともに、含まれる品目の番号にも○印をつける(個別の数量記載は不要)。 」と説明されています。

「混合廃棄物」の一言で終わらせずに、中身もしっかりと把握しておくことが望まれます。