混合廃棄物

2019年07月26日

こんごうはいきぶつ、と読む。混廃(こんぱい)、と言われることもある。

複数の種類の廃棄物が混合している場合であって、種類ごとに分けることが難しい(一体不可分)のものを「混合廃棄物」「混廃(こんぱい)」と言うことがあります。法律上の定義はありませんが、「建設工事から生ずる廃棄物の適正処理について 環廃産第110329004号 平成23年3月30日」では、「建設混合廃棄物」について2か所で定義しています。

  • 「建設混合廃棄物」とは、建設廃棄物であって安定型産業廃棄物とそれ以外の廃棄物(木くず、紙くず等)が混在しているものをいう。
  • 建設工事から発生する廃棄物で、安定型産業廃棄物(廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず、がれき類等)とそれ以外の廃棄物(木くず、紙くず等)が混在しているものを建設混合廃棄物という。

また、建設業団体が推奨する建設系の紙マニフェストには、「混合(安定型のみ)」や「混合(管理型含む)」という選択項目があります。建設系マニフェストは広く普及しているため、事実上公認されていると言っていいでしょう。

さらに「電子マニフェストシステム 各種コード表」では、電子マニフェストの登録のための廃棄物分類コードを設定しています。そこでは、「一体不可分の産業廃棄物」として、

  建設混合廃棄物、安定型建設混合廃棄物、管理型建設混合廃棄物、新築系混合廃棄物、解体系混合廃棄物、安定型混合廃棄物、管理型混合廃棄物

のコードが用意されています。電子マニフェストは国の制度ですので、これらの種類の混合廃棄物があることについては、事実上国のオーソライズがあるとみてよいでしょう。

含まれるものを確認しましょう

混合廃棄物について明確な基準があるわけではありません。許可証にもこのような表現がされていることは少ないため、契約書に記載する場合は、実際に含まれる産業廃棄物を、通常の20種類から抜き出して「建設混合廃棄物(木くず、紙くず、繊維くず、廃プラ、金属くず、がれき類、ガラス陶磁器くず)」などと付記するか、含まれる種類の許可を受けているかを確認したほうが良いでしょう。

建設系廃棄物マニフェストのしくみ」でも、記載要領として「混合廃棄物の場合は「混合」の番号に○印をつけ、数量を記入するとともに、含まれる品目の番号にも○印をつける(個別の数量記載は不要)。 」と説明されています。

「混合廃棄物」の一言で終わらせずに、中身もしっかりと把握しておくことが望まれます。


こちらの記事もおすすめ

マニフェストには一見しただけでは書き方が分からない項目がいくつもあります。名称の意味が分からない、誰が書くのか分からない、そもそも必要性が薄い項目もありますが、不適切な記載は法令違反になりますので注意が必要です。(百万円以下の罰金、1年以下の懲役の対象)

昨今の海洋プラスチック問題を背景に、脱プラスチックやバイオプラスチック、プラスチックリサイクルの推進など様々な取り組みがされています。そのためもあって、プラスチックのリサイクルを進めることは、海洋プラスチック問題解決の手段の一つであるかのように見えます。

有価物

2020年09月08日

引き渡す際に費用の支払いが必要な廃棄物に対して、取引価値のあるものとして売却できるものとして使われる概念。無償で譲渡されるものは含まれない。総合判断説によれば、有価物であっても廃棄物になり得る。

逆有償

2020年09月03日

逆有償とは、文字通り有償の逆のこと。有償とは、受けた利益に対して、対価を支払うことですので、逆有償というと支払いの方向(金の流れ)が逆になることを指します。

手元マイナス

2020年09月02日

輸送にかかる費用のほうが売却価格より高いため、発送する時点(手元)で損失が発生してしまう状況をいう。販売を目的とせずに生成されたものを売却する場合や、価値が大幅に下がった商品を売却する場合が想定される。

ゼロ円有価

2020年09月01日

ぜろえんゆうか、と読む。0円有価、とも書く。ゼロ円の代わりに無償(むしょう)という表現も使われる。