環境犯罪

2019年07月26日

環境関連法に違反する犯罪で、廃棄物リサイクル関連の「廃棄物処理法、建設リサイクル法」、公害関連の「水質汚濁防止法」、鳥獣関係の「鳥獣保護法、動物愛護法」、自然保護関係の「森林法、外来生物法」などがよく検挙されます。

広義には、法令違反ではなくても、環境に悪影響を及ぼす行為を指すこともあります。

環境犯罪の中でも、廃棄物事犯は年間5000件以上検挙され、全体の9割近くを占めています。警察庁の資料では「廃棄物事犯」「廃棄物事犯以外の環境事犯」の2区分でまとめられていることもあるほどです。

詳細は警察庁のこちらのページの資料をご覧ください。