安定型産業廃棄物/安定型最終処分場

2019年07月23日

安定型最終処分場に埋め立て処分できる産業廃棄物を安定型産業廃棄物と言います。安定型産業廃棄物は「廃プラスチック類」「金属くず」「がれき類」「ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず」「ゴムくず」のような有害物質を含まない、性状が安定した産業廃棄物を指し、安定5品目と言われることもあります(一部例外あり)。安定5品目に限っては、遮水工や浸出水処理などの汚水対策を必要としない安定型処分場に埋め立て処分することができます。

しかし、実際には安定型産業廃棄物以外の物が多く混入することがあり、地下水汚染などの問題を発生させたり、裁判所の差し止めを受けたりすることもあり、かえって不安定な処分方法というべきかもしれません。