自動車リサイクル法はこれからどうなる?

2020年10月19日

自動車リサイクル法をご存じでしょうか。普段の生活ではまず話題にならないので、知名度は低いですが、車を購入する際にはリサイクル料金も同時に払っているはずですので、覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。車の購入時にリサイクル料金を支払う、いわば前払い方式のため、廃車時に費用負担が生じず、不法投棄の防止にもなります。集めたリサイクル料金は、自動車をリサイクルする際にかかる費用に使われます。

シュレッダー(破砕機)に投入される前の使用済み自動車
シュレッダー(破砕機)に投入される前の使用済み自動車

具体的には、破砕する前に①エアバッグ、②フロンガス、を取外して適正処理する費用と、さらに破砕後に金属などを取り除いた後に残る③ASRという残さを適正処理する費用を補填します。これらを取り除けば、自動車は金属+プラスチック等の塊ですので、価値があるスクラップとして取引され、不法投棄の恐れもありません。

上記写真は、破砕機に入れる前の状態のもので、①エアバッグと②フロンガスと、その他の金属やオイル等を取った(はずの)自動車を、運搬・保管効率を高めるために圧縮してあります。

別扱いの理由

自動車リサイクル法の肝は、この3つの処理費の補填なのですが、なぜこれらだけ別扱いなのでしょうか。

  1. エアバッグは事故時に瞬時に膨らませるために火薬が使われています。そのため、破砕前に取り外しておかないと爆発や火災の原因となります。
  2. フロンガスは、エアコンの冷媒として使われるもので、オゾン層破壊や温暖化の原因となりますので、これも破砕する前に抜いておかなければなりません。
  3. ASRは、香川県の豊島の大規模不法投棄事件の主な原因となったもので、自動車に使用されている多種多様なプラスチックが混合しています。

もしこれらについて費用を補填しないと、火災が多発(エアバッグ)したり、不適正処理(フロンガスの大気放出)や不法投棄(ASRなど)が起こったり、使用済み自動車そのものがナンバープレートを外されて放置(不法放棄)されるおそれがあります。

最大の検討課題

現在、自動車リサイクル法の在り方について検討の議論がされているところです。リチウムイオン電池をどうするのか、用途が広がるCFRPの処理・リサイクルをどうするのかなど様々なテーマがあるのですが、最大の検討課題はASRだと思います。

ASRは、多少金属が残っているとはいえ、有価物として売買されないモノです。そのため廃棄物として処理されるのですが、いくつかの方法があります。まずは金属精錬所で「金属回収+プラスチックは熱回収」、金属が少ない場合などは焼却炉で「プラスチックを熱回収」、細かく機械選別したのちに金属やセメント原料としてリサイクルされますが、廃プラスチックのマテリアルリサイクルはほとんどされていません。 最終的に有効利用の手立てがない場合は、単純焼却や管理型最終処分場で埋立されます。

実は、焼却や管理型の埋立は、中国が廃プラ輸入規制を始めたことから5年ぶりに再開されているようです。また、熱回収施設についても、老朽化の進行が問題になっています。仮に設備更新できなくなったら、自動車メーカーが資本投入なり買収なりするのかもしれませんが。いずれにせよ、先行きが不透明になりつつあります。

しかも、ASRのリサイクル率は85%を超えていますが、実は70%が熱回収です。熱回収をリサイクルに含めていない国際基準に照らすと、リサイクル率が15%となってしまいます。菅総理の掲げた2050年温室効果ガス実質ゼロ目標との整合性も取れません。

これからの検討課題

自動車メーカーはCar toCarという水平リサイクルを目標に掲げており、そのためにはプラスチックのマテリアルリサイクルが必須です。方法としては、破砕する前にプラスチックを取り外すか、破砕後に高度な選別をするかのどちらかです。前者は、リサイクル業者としてはコストメリットが出ないため、エアバッグやフロンのように費用(特に作業費)を補填する必要があります。後者も、高度選別機の導入にかかる費用を補填する必要があるかもしれません。いずれも、費用だけの問題ではなく、スペースの問題もあるため、場合によっては専用の選別工場が必要になるかもしれません。

さらに厄介なことに、電気機器や内装プラスチックの臭素系難燃剤の使用規制が、EUを筆頭に世界的にだんだん厳しくなっているのです。リサイクル原料は、一昔前の基準で作られたものですので、最新の基準を満たせない可能性があります。マテリアルリサイクルするには、破砕前にどの程度丁寧に分別できるか、または破砕後のASRから難燃剤の有無を見分ける高度選別が成否を分けます。

ASRは日本国内で毎年60万トン弱が発生しており、その半分以上がプラスチックです。このうちどれくらいを熱回収=CO2として排出することなく、マテリアルリサイクルできるのか、日本だけでなく世界の自動車リサイクルの課題となっています。2050年CO2実質ゼロへ向けた長期目標に沿った計画を立てなければなりません。

こちらの記事もおすすめ

過積載

2020年12月24日

最大積載量を超える量の荷物を車両に載せること。法令違反であり、車両のバランスを崩しやすく、ブレーキも聞きにくくなるため事故を起こすリスクが高まりますし、車両や道路への負荷も高まります。

ガス切り

2020年12月23日

がすぎり、と言う。ガス切断(がすせつだん)、ガス溶断(がすようだん)ともいう。

過剰保管

2020年12月16日

適正な量を超えて保管している状況を指す言葉と思われますが、明確な定義はありません。保管基準に定める上限を超えている場合には過剰保管と言うべきかもしれませんが、法律用語ではありません。そのため、保管基準違反と過剰保管、過剰保管と不法投棄の違いは明確ではなく、現場の実態に照らしても判別することが難しいことがあります。

看板

2020年12月15日

看板とは、廃棄物処理法の条文で使用される用語ではありませんが、保管基準により設置が義務付けられた“掲示板”(けいじばん)を指していることが多いようです。許可の看板、保管場所の看板、置き場の看板、のように使われることがあります。なお、「置き場」も法律用語ではありません。

処理困難通知とは

2020年12月09日

処理困難通知を簡単に説明すると、処理業者が排出事業者に「処理ができなくなったので、もう廃棄物を持ってこないでください」と伝えるものです。通知を受けた排出事業者は、委託停止はもちろん、現状を把握し、環境上の問題がある場合は対策を講じて、その結果を都道府県知事に報告しなければなりません。

現地確認/実地確認の実施、または処理状況の確認は、排出事業者の注意義務として委託基準に含まれています(注意義務については、こちらの記事をご参照ください)。記事にもある通り、処理状況は実地に確認する方法を筆頭に、公開情報の確認などが推奨されています。しかし、それで本当に、適正処理される確証が持てるのでしょうか?毎年現地確認しておけばよいというのは、環境省と都道府県職員と排出事業者がお互いに作り出した、何の根拠もない共同幻想かもしれません。