マニフェストの記載方法が分かりにくい問題

2020年09月16日

マニフェストには一見しただけでは書き方が分からない項目がいくつもあります。名称の意味が分からない、誰が書くのか分からない、そもそも必要性が薄い項目もありますが、不適切な記載は法令違反になりますので注意が必要です。(百万円以下の罰金、1年以下の懲役の対象)

その意味が分からない欄の筆頭として、マニフェストの中央少し上にある、横に細長い2つの欄を挙げることができます。

記載欄「中間処理産業廃棄物」とは 

1つ目の「中間処理産業廃棄物」の欄には、中間処理業者が中間処理後の産業廃棄物を外部委託する際に、(排出事業者から受け取った)もともとの産業廃棄物のマニフェストの情報を書きます。中間処理産業廃棄物とは、中間処理後の産業廃棄物のことです。

記載欄が狭いため、複数の排出事業者の産業廃棄物が含まれている場合はすべてを記載することはできません。そこで、これと同様の情報を帳簿にも記載しているため、「帳簿記載の通り」にチェックをすることになります(上記の法定様式ではチェック欄はありませんが、市販のマニフェストにはあります)。それにしても、帳簿があるのにマニフェストにこれを記載する必要はあるのでしょうか?

なお、排出事業者には関係ない欄ですので、斜線を引くことになります。何を書くべきか分からないからといって、とりあえずチェックを入れてしまうと、おかしなことになります。空欄にしておくと、記載欄の意味が分からず、放置しているだけだと思われかねませんので、これも良くありません。

記載欄「最終処分の場所 」とは

2つめの「最終処分の場所」欄には、中間処理後に最終処分することになっている場所を記載するのですが、処理委託契約書に最終処分の場所は記載してあります。そのため、最終処分の予定先が複数である場合には「委託契約書記載の通り」にチェックを入れてよいとされています(これも法定様式にはチェック欄なし)。

最終処分先が1か所の場合は「当欄記載の通り」にチェックしてキチンと記載するべきなのですが、実際には「委託契約書記載の通り」にチェック を入れているだけです。そもそも、マニフェストにこの欄は必要なのでしょうか?

また、「当欄記載の通り」にチェックして いるのに、何も記載していないこともありますが、これではいけません。

その他の間違い易い記載欄

引渡し=交付時に計量できない場合、「数量」欄を空欄にしていることがあります。しかし「数量」の記載は義務であり、通知によると、容器の個数、体積(目分量でよい)、車両の台数(4t車1台など)のように、単位は何でもよいとされています。ユーザー目線に立てば、マニフェストにもそのように書いてほしいところです。法定様式はともかく市販のマニフェスト(事実上は環境省が監修しています)の記載欄のすぐ横に注意書きをすべきでしょう。

「運搬受託者」欄は交付時に排出事業者が記載しておく欄ですが、「運搬受託」欄は、収集運搬業者が引き渡しを受けた時に記載する欄です。ところが、引き渡す前から両方とも記載されていることがあります。

市販のマニフェストには、A票で記載しない部分には網掛けがしてあるのですが、誰が書く欄かは分かりません。もう少し工夫が欲しいところです。

繰り返しになりますが、環境省の通知「産業廃棄物管理票制度の運用について」や、全国産業資源循環連合会が発行する記載要領などの別資料に説明があります。間違いなく記載をしてほしいのであれば、記載欄のすぐ近くに詳細説明をつけるべきなのですが、正直スペースが足りません。さて、どうしましょうか?

特管用マニフェストと分けては?

法定様式と市販のマニフェストの最大の違いは、産業廃棄物の種類をチェックによる選択式にしているかどうかでしょう。これを普通産業廃棄物用と特別管理産業廃棄物用の2パターンに分けるだけでも、市販のマニフェストのスペースは空くはずです。

マニフェストの記載欄の整理・合理化を

マニフェストの目的を、引き渡し時に「廃棄物の内容と運搬/処分業者」を明確にし、各処理業者が処理終了報告をすることと考えれば、本当に必要な記載項目はそれほど多くないと思います。上記の横に長い2項目はもちろんのこと、マニフェストの引渡し現場では現物が目の前にあるのに「荷姿」を法定記載事項にしているところなど、いかにも机上の空論で記載事項が決められたことが分かります。

一方、危険なものなどについて注意が必要な場合もありますが、現在のマニフェストでは逆にそれらの情報を記載する欄が少ないと思います。記載項目を宅配便の伝票程度のシンプルなモノに絞り込み、記載方法を丁寧に説明し、危険性情報のチェックや自由記述欄を増やし、大きく見やすくするなど、抜本的に見直した方がよいのではないでしょうか。


こちらの記事もおすすめ

欠格要件について

2020年10月26日

欠格要件(けっかくようけん)とは、読んで字のごとく、資けているとみなされる要件のことです。許可制度にはよくある仕組みで、欠格要件に該当すると許可を受けられませんし、既存の許可も取消になります。

積替え保管は、運搬途中に廃棄物を積替え、その際に一時的に保管されること。処分とは廃棄物を破砕、再生、焼却、埋立などをすること。こう説明するとかなり明確な違いがありそうですが、実際にはグレーゾーンがあります。

難燃剤

2020年10月19日

可燃物を燃えにくくするために使われる薬剤です。資源循環の世界では、プラスチックに練りこまれた難燃剤が問題となっています。難燃剤には、ハロゲン系(塩素、臭素、リン)や無機系のアンチモン、ホウ素、金属を利用したものなどがあります。

自動車リサイクル法をご存じでしょうか。普段の生活ではまず話題にならないので、知名度は低いですが、車を購入する際にはリサイクル料金も同時に払っているはずですので、覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。車の購入時にリサイクル料金を支払う、いわば前払い方式のため、廃車時に費用負担が生じず、不法投棄の防止にもなります。集めたリサイクル料金は、自動車をリサイクルする際にかかる費用に使われます。

事業停止命令

2020年10月12日

じぎょうていしめいれい、と読む。業務停止命令(ぎょうむていしめいれい)と言われることもあるが、廃棄物処理法には存在しない表現。

許可取消し

2020年10月09日

一般廃棄物処理業 (収集運搬業、処分業)、産業廃棄物処理業(収集運搬業、処分業)、一般廃棄物処理施設、産業廃棄物処理施設は、いずれも都道府県から許可を受けます。これらの許可を一度受けても、違反行為などにより取消となる場合があります。取消以外にも、事業停止命令を受けることがありますが、どの程度の処分になるかは、違反内容とその他の事情、経緯、などを総合的に管轄行政が判断して決定します。