プラから再生可能・生分解素材へ&リサイクルから脱炭素へ

2019年10月01日

脱炭素社会は無理があるから、低炭素社会と言って欲しい、という話を数年前に聞いたことがありますが、今やそんな時代遅れのコメントを言うことすら憚られるのではないでしょうか。PCBもアスベストもそうだったように、二酸化炭素はゼロに、プラスチックもゼロに、という世界になるのかもしれません。

キットカットの外袋が紙に

身近な例を挙げると、キットカットの外袋がプラスチックから紙に変更になったという動きがあります。メーカーであるネスレのプレスリリースによると、9月後半出荷分から紙に変更されていますので、既にかなり入れ替わっているはずです。早速購入したのですが、以前はテカテカに照明を反射していたパッケージが、紙に切り替わったということで落ち着いた印象がありました。

これまでにない技術開発が必要だったということで、このページで苦労話も紹介されています。大変だったということは分かるのですが、当然のこととはいえ購入時に気付いて少々がっかりしたのですが、紙のパッケージに入ったお菓子など、珍しくないのです。もちろん、ただの紙の箱でしかなく、特殊な技術が必要なわけでもなく、中の個包装はプラスチックのままということで、大昔から新キットカットと同レベルなのです。

それに、これだと脱プラではなく、低プラです。

キットカットの個包装は?

そこで、ネスレが次の課題として挙げているのは2021年までに「個包装をリサイクルしやすい単一素材にする」ということです。現状、プラスチックにアルミラミネートされていますから、そこを改善するようです。さらに「将来的には、海洋生分解性素材など、より環境負荷の少ない素材への変更に向けて、検証を続けていきます」ということです。

どうやら、現状は保存性のことも考えてのことでしょう、個包装まで紙にするめどは立っていないので、今後の検討課題とするようです。

個包装がないお菓子としては、ポテトチップスなどのスナック類には油があるので紙包装にするのはなかなか大変かもしれません。レトルト食品の保存性の担保はどうしたらよいのでしょうか。缶詰に回帰するのでしょうか。

紙の他に再生可能な素材としては、金属(アルミ、スチール)とガラス、が食品包装、保存用に使われてきました。新素材としては、海洋生分解性素材(プラスチック)、セルロースナノファイバー(CNF)辺りも考えられるかもしれません。

でも容リ法

プラが紙になると、間違いなくリサイクル方法が良くなります。金属やガラス容器になっても、マテリアルリサイクルになります。ところが、海洋分解性素材やCNFが容器包装に使用されてしまうと、容器包装リサイクル法(容リ法)で対応できるのか疑問です。何といっても、市町村の分別ルールがバラバラなので、(メーカーが自主回収するのでない限り)結局は単なるプラスチック容器と同じ扱いで、サーマルリサイクルという名の焼却になると思います。再生可能素材も海洋分解性素材もCNFも、完全に分別できないとマテリアルリサイクルの阻害要因になるからです。

ポイントは、ペットボトルはともかく、それ以外の雑多な容リプラの扱いです。考えられる方法として、下記の3つが考えられます。

  1. 赤外線その他の高度な選別機を何台も通してマテリアルリサイクル
  2. そのままサーマルリサイクル
  3. 洗浄して固化させて地中保管

この中で、最もCO2の排出量が少ないのは、おそらく3.洗浄して固化させて地中保管、だと思います。容器包装リサイクル法という名前は変えてもらう前提(笑)ですが、リサイクルをせずに、C(炭素)を地中保管すれば脱炭素になります。

つまり、

リサイクルから脱炭素へ

という時代になるかもしれません。このコラムの名称は「じゅんかんトレンディ」ですが、正に資源循環の近未来のトレンドは、「リサイクルから脱炭素へ」だと思いますが、いかがでしょうか。