産業廃棄物と一般廃棄物の区分

2019年07月22日

産業廃棄物と一般廃棄物の区分について、基本から解説しているサイトがあまりありません(行政関係を除く)。そこで、入門から上級に至るまでの内容をまとめたページを作成します。

議題は広く、深く掘り下がりますので、少しずつコンテンツを追加していきます。

基本事項

上記図の通り、廃棄物には大きく分けて「産業廃棄物」と「一般廃棄物」があります。判断にあたっては、はじめに①産業廃棄物に該当するかどうかを判断します。そして②産業廃棄物に該当しない物(=産業廃棄物以外の廃棄物)は、すべて一般廃棄物に分類されます。

①産業廃棄物は、「事業活動に伴って生じた」&「20種類に該当する」の2つの条件を同時に満たした廃棄物です。

②産業廃棄物の2つの条件の片方でも満たしていない廃棄物は、産業廃棄物ではない=一般廃棄物となります。

下記の左表は、20種類の概要、右表はその中でも排出業種が限定されている13~19の詳細です。

産業廃棄物の20種類の概要
産業廃棄物の20種類の概要
排出される業種が限定されている産業廃棄物
排出される業種が限定されている産業廃棄物

特別管理産業/一般廃棄物

特別管理産業廃棄物と特別管理一般廃棄物については、こちらをご覧ください。


その他、産業廃棄物と一般廃棄物の区分については、下記のサイトが比較的よくまとまっています。

CASE STUDY


事例

「弁当ガラ」とは、プラスチック容器に入った弁当を食べた後に残った容器のことですが、これは一般廃棄物なのでしょうか、産業廃棄物なのでしょうか。同様の疑問を、ペットボトルやお菓子等の飲食用の容器類について持たれた方もいらっしゃるでしょう。

プラスチック容器は、産業廃棄物の20種類の一つ「廃プラスチック類」に該当することは確かです。問題は、「事業活動に伴って生じた」のかどうかの判断です。

〔一般廃棄物とする解釈〕昼食時や休憩時の飲食は、事業活動を行っていなくても、個人が生活するうえで当然に行われることです。したがって、事業活動は伴っていないので一般廃棄物であるという解釈をすることができます。

〔産業廃棄物とする解釈〕事業活動を行うために雇用した従業員が、法定の休憩時間内や就業中に、勤務事業場で飲食した行為は、事業活動に伴って行われたので産業廃棄物であると解釈することもできるでしょう。そもそも、その事業活動がなければ、その事業場から廃棄物が排出されることもありません。

検討

どちらが正解か、またはいずれも正解かについては、様々な解釈が存在します。自治体によって運用・解釈実態が異なるにも関わらず、それが表立って問題になったこともありません。そのため、現時点でどの解釈が正解であるかを断定することはできません。解釈をめぐって裁判でも起これば確定するのかもしれませんが、その可能性はほぼないでしょう。 どちらの解釈になっても通常はそれほど無理なく対応できるからです。

したがって、会社としての解釈を無理に統一して全社対応マニュアルなどを作るより、地元の自治体の解釈にしたがった方が安全かつ現実的だと思います。

ただし、"厳密には" 以下のようなケースについては個別で判断すべきでしょう。

  • 事業活動に伴っている
  • 会議や来客で、食品や飲料が配布された場合
  • イベントやショールームで来場者が捨てた場合
  • 取引先から受領した手土産を飲食した場合
  • 熱中症対策で飲料などが支給された場合
  • 販売事業(=事業活動)に伴っている
  • 社員食堂や売店のゴミ箱に投入された場合
  • 自動販売機に併設された空容器回収ボックスに投入されたペットボトル(これについても一般廃棄物と解釈する自治体は存在しますが、ほとんどの場合ベンダーが回収しますので、お任せすればよいでしょう)
  • 事業活動に伴っていない
  • 会社と直接関係がない任意の会合、サークル活動で飲食した場合
  • 社員寮で排出された場合
  • 個人的なギフトによるもの(義理チョコ等は別かもしれませんが)

こちらの記事もおすすめ

過積載

2020年12月24日

最大積載量を超える量の荷物を車両に載せること。法令違反であり、車両のバランスを崩しやすく、ブレーキも聞きにくくなるため事故を起こすリスクが高まりますし、車両や道路への負荷も高まります。

ガス切り

2020年12月23日

がすぎり、と言う。ガス切断(がすせつだん)、ガス溶断(がすようだん)ともいう。

過剰保管

2020年12月16日

適正な量を超えて保管している状況を指す言葉と思われますが、明確な定義はありません。保管基準に定める上限を超えている場合には過剰保管と言うべきかもしれませんが、法律用語ではありません。そのため、保管基準違反と過剰保管、過剰保管と不法投棄の違いは明確ではなく、現場の実態に照らしても判別することが難しいことがあります。

看板

2020年12月15日

看板とは、廃棄物処理法の条文で使用される用語ではありませんが、保管基準により設置が義務付けられた“掲示板”(けいじばん)を指していることが多いようです。許可の看板、保管場所の看板、置き場の看板、のように使われることがあります。なお、「置き場」も法律用語ではありません。

処理困難通知とは

2020年12月09日

処理困難通知を簡単に説明すると、処理業者が排出事業者に「処理ができなくなったので、もう廃棄物を持ってこないでください」と伝えるものです。通知を受けた排出事業者は、委託停止はもちろん、現状を把握し、環境上の問題がある場合は対策を講じて、その結果を都道府県知事に報告しなければなりません。

現地確認/実地確認の実施、または処理状況の確認は、排出事業者の注意義務として委託基準に含まれています(注意義務については、こちらの記事をご参照ください)。記事にもある通り、処理状況は実地に確認する方法を筆頭に、公開情報の確認などが推奨されています。しかし、それで本当に、適正処理される確証が持てるのでしょうか?毎年現地確認しておけばよいというのは、環境省と都道府県職員と排出事業者がお互いに作り出した、何の根拠もない共同幻想かもしれません。