逆有償

2020年09月03日

ぎゃくゆうしょう、と読む

逆有償とは、文字通り有償の逆のこと。有償とは、受けた利益に対して、対価を支払うことですので、逆有償というと支払いの方向(金の流れ)が逆になる、つまり廃棄物となることを指します。

例えば、金属スクラップの売買を行っている有価物の業界では、スクラップを受け取った側が対価を支払いますので、逆有償と言うとモノを渡す側が料金を支払うことを指します。つまり、普段はスクラップを買取りしている業者が、費用を請求する状態(=廃棄物)となります。

一方で、廃棄物処理業界では、通常はモノを渡す側が料金を支払いますが、価値が高いとリサイクル業者が購入してくれることがあります。ところが、購入してもらえたとしても運賃のほうが高くなってしまうことが少なくありません。有価物として売却できるのに、運賃を入れるとトータルでマイナスとなってしまいます。この状態を環境省の通知などでは手元マイナスと言いますが、業界内では以前より逆有償と言ってきました。

これでは有価物の業界で使われる「逆有償」とは全く意味が違います。誤解を避けるためにも「逆有償」という言葉を安易に使うのは控えたほうがよいでしょう。