磁力選別、磁選機

2020年08月03日

じりょくせんべつ、じせんき、と読む。磁選機は磁力選別機の略称。英語ではmagnet separator。

磁力を使って、磁性(磁石に引き寄せられる性質)の異なるものを選別すること。そのための機械を磁選機といいます。鉄、マンガン、チタンなどが高い磁性を有します。

資源循環業界でのもっとも代表的な用途としては、鉄とそれ以外のものの選別があげられます。永久磁石を用いる場合と、電磁石を用いる場合があります。

ステンレスやアルミなどは基本的には磁石に付きません。しかし鉄・ニッケル等の合金であるステンレスは、磁力を増すことで付くこともあり、この性質を利用した磁選機もあります。

廃棄物中の鉄を選別することで、鉄のリサイクルだけでなく、金属の混入を嫌うリサイクル用途も開けます。