飛散

2019年11月20日

ひさん、と読む。飛散する廃棄物の有害性や危険性、飛散する場所によっては、悲惨な結果を招く。

廃棄物処理法では、保管、運搬、処分の各基準で飛散を始め、流出や地下浸透などを防止することが求められています。保管する廃棄物の特徴に応じて、容器・荷姿、積み方、施設の構造を工夫しなければならず、具体的な方法が一律に定められている物ではありません。

考慮すべき特徴の例

飛散対策を検討するにあたっては、液状、粉状、鋭利な形状、腐敗性、揮発性、感染性、爆発性、放射性、機密性、酸・アルカリ性、比重・重量、サイズ、臭気、など考慮すべき側面が沢山あります。正解は一つではありません。個別の事情を考慮して、環境への影響が最小限に抑えられる方法を検討してください。