特別管理産業廃棄物

2019年09月09日

とっかん、とっかんぶつ、とっかんさんぱい、とも言われます。

産業廃棄物と一般廃棄物の中には、特別管理産業廃棄物と特別管理一般廃棄物という区分があります。許可制度の仕組みを見ると、“普通の”産業廃棄物と特別管理産業廃棄物は全く独立しているようです。しかし、条文上は特別管理産業廃棄物は普通の産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性があるものについて、特別な管理を要するものとして廃棄物処理法施行令第2条の4で列挙されています 。特別管理一般廃棄物を排出される事業者さんはほとんどありませんので、ここでは特別管理産業廃棄物だけをご説明します。

特別管理産業廃棄物の種類

特別管理産業廃棄物の中にもいくつかタイプがあります。法令の表現とは少し異なりますが、以下のような分け方が理解しやすいでしょう。

  • 液状の物:引火性廃油(目安:引火点70度未満)、強廃酸(pH2以下)、強廃アルカリ(pH12.5以上)
  • 感染性廃棄物:感染性廃棄物処理マニュアルで詳細説明がありますが、医療行為で使用された物はほぼすべてが感染性産業廃棄物として扱われています。
  • 有害性がある物①:PCBやアスベストが少しでも含まれるもの(基準値はありますが、非常に厳しいです)
  • 有害性がある物②:重金属や化学物質が「基準値」以上含まれ、「特定の施設から排出」されるもの。

特に上記の「有害性がある物② 」については、「基準値」と「特定の施設から排出」の両方に該当する場合に限って特別管理産業廃棄物となります。基準値だけを判断基準にしていることがありますが、その必要はありません。どちらかが該当しない場合は、少量or濃度が低いために、処理業者で“普通の”産業廃棄物と同じように処理できていれば問題は起きない、という想定をしているのでしょう。その場合でも、WDSなどで「適正処理に必要な情報」の提供は必要ですし、「基準値」を超えている場合は念のため特別管理産業廃棄物と同等品として処理するのが望ましい方法です。

特別管理産業廃棄物の規制概要

特別管理産業廃棄物の排出事業者には、普通の産業廃棄物に加えて下記のような規制が追加になります。

  • 特別管理産業廃棄物の保管基準を順守(掲示板への記載、他の物との混合をしないように区分けするなど、種類によって違う)
  • 特別管理産業廃棄物管理責任者(有資格者)を選任
  • 特別管理産業廃棄物の収集運搬業、処分業の許可業者に処理委託
  • 処理委託契約書には、委託する廃棄物の種類を特別管理産業廃棄物として記載、WDS等にも適切に記載
  • マニフェストには特別管理産業廃棄物として記載
  • マニフェストB2、D票の返送期限が60日と短い(通常90日)

特別管理産業廃棄物の諸規定の詳細

以上ご紹介した基準値等の詳細については、環境省のウェブページ「特別管理廃棄物規制の概要」をご覧ください。特別管理産業廃棄物は、基準が複雑であることもあり、他のどのサイトよりも環境省のこのページが詳しく正確です。  

こちらの記事もおすすめ

過積載

2020年12月24日

最大積載量を超える量の荷物を車両に載せること。法令違反であり、車両のバランスを崩しやすく、ブレーキも聞きにくくなるため事故を起こすリスクが高まりますし、車両や道路への負荷も高まります。

ガス切り

2020年12月23日

がすぎり、と言う。ガス切断(がすせつだん)、ガス溶断(がすようだん)ともいう。

過剰保管

2020年12月16日

適正な量を超えて保管している状況を指す言葉と思われますが、明確な定義はありません。保管基準に定める上限を超えている場合には過剰保管と言うべきかもしれませんが、法律用語ではありません。そのため、保管基準違反と過剰保管、過剰保管と不法投棄の違いは明確ではなく、現場の実態に照らしても判別することが難しいことがあります。

看板

2020年12月15日

看板とは、廃棄物処理法の条文で使用される用語ではありませんが、保管基準により設置が義務付けられた“掲示板”(けいじばん)を指していることが多いようです。許可の看板、保管場所の看板、置き場の看板、のように使われることがあります。なお、「置き場」も法律用語ではありません。

処理困難通知とは

2020年12月09日

処理困難通知を簡単に説明すると、処理業者が排出事業者に「処理ができなくなったので、もう廃棄物を持ってこないでください」と伝えるものです。通知を受けた排出事業者は、委託停止はもちろん、現状を把握し、環境上の問題がある場合は対策を講じて、その結果を都道府県知事に報告しなければなりません。

現地確認/実地確認の実施、または処理状況の確認は、排出事業者の注意義務として委託基準に含まれています(注意義務については、こちらの記事をご参照ください)。記事にもある通り、処理状況は実地に確認する方法を筆頭に、公開情報の確認などが推奨されています。しかし、それで本当に、適正処理される確証が持てるのでしょうか?毎年現地確認しておけばよいというのは、環境省と都道府県職員と排出事業者がお互いに作り出した、何の根拠もない共同幻想かもしれません。