じゅんかんトレンディ

プラスチック資源循環についての、環境省と経済産業省の合同ワーキング(第6回)が10月20日に開催され「今後のプラスチック資源循環施策を踏まえた主な施策について」に基づいて議論がされました。様々な意見が出たのですが、基本的には各委員から賛意が示されました。ここでは、施策案のうち企業が関係する部分を抜粋してご紹介します。

自動車リサイクル法をご存じでしょうか。普段の生活ではまず話題にならないので、知名度は低いですが、車を購入する際にはリサイクル料金も同時に払っているはずですので、覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。車の購入時にリサイクル料金を支払う、いわば前払い方式のため、廃車時に費用負担が生じず、不法投棄の防止にもなります。集めたリサイクル料金は、自動車をリサイクルする際にかかる費用に使われます。

昨今の海洋プラスチック問題を背景に、脱プラやバイオプラ、プラスチックリサイクルの推進など様々な取り組みがされています。大きな経営課題の一つであることは間違いありません。

発電効率の低い石炭火力発電所を2030年までに廃止するという政府方針が発表されました。かなり大きく取り上げられたので、ほとんどの方がご存じでしょう。具体的な内容や計画はこれから議論を進めるということで、慎重論もあるようですが、近年の日本の環境政策が国際世論に押されて後手後手に回っていることを考えると、結果的にこの方針より厳しい方向に行く可能性もあると思います。

こちらの記事もおすすめ

謎多き専ら物

2020年11月20日

専ら物とは、「金属のスクラップ、ガラス、古紙、古繊維のことで、廃棄物処理法の規制が免除されている」という理解をされている方は多いと思います。大枠では間違っていませんが、実はそう単純な話ではありません。

発火する恐れがある、有害であるなど、特別管理産業廃棄物(以下、特管という)にはならなくても、取り扱いに注意が必要な廃棄物は沢山あります。特管であれば法律上の扱いがはっきりしていますので分かりやすいですが、微妙なゾーンにある廃棄物も、他のものと混合して引き渡さずに、分別するように要請されることが多いでしょう。場合によっては、普段付き合いのある業者は受けてくれず、単体で別の業者に委託することになるかもしれません。

プラスチック資源循環についての、環境省と経済産業省の合同ワーキング(第6回)が10月20日に開催され「今後のプラスチック資源循環施策を踏まえた主な施策について」に基づいて議論がされました。様々な意見が出たのですが、基本的には各委員から賛意が示されました。ここでは、施策案のうち企業が関係する部分を抜粋してご紹介します。

選別技術

2020年11月12日

せんべつぎじゅつ、と読む。選別機を、ソーター(sorter)、セパレーター(separetor)、ともいう。

識別分離

2020年11月11日

人の目で見て選別する方法です。色、形、大きさなどのほか、そのものが何であるかを判断して選別できるため、簡便かつ応用力もありますが、機械と異なり休息などが必要となります。

静電選別

2020年11月11日

せいでんせんべつ、と読む。静電分離(せいでんぶんり)とも言う。