堀り下げっっ‼廃棄物処理法

今回は主に、紙マニフェストの交付、引渡し方法(電子についても必要な部分を少し)についての疑問、例えば、立ち会いは必要か、マニフェストの代理交付はだめか、廃棄物とマニフェストの付き合わせは必要か、などについて考えます。

排出事業者がマニフェストを交付する際の記載事項=A票の記載事項は法律で明確に定められています。マニフェストは参考となる資料が豊富にありますが、重要かつ有用なものをご紹介します。

注意義務、つまり注意を払う義務が、排出事業者に課せられています。これは努力義務ですので罰則もなく、具体的に何をすべきかは法の条文では定かではありません。そのため、これまでご紹介した「委託基準①~③」を守っていれば基本的には問題にはなりません。

一般には再委託の禁止、再委託基準、と言われています。しかし条文を見ると「再委託」という文言が使われていないばかりか、そもそも再委託を禁止しているということが読みとれず、戸惑っている方もいるはずです。