本音deリサイクル

メーカーや販売者が、使用済の製品を回収してリサイクルしたいと考える(ユーザーからして欲しいと要望される)ことはよくあります。さらに昨今の海洋プラスチック問題を背景に、メーカーが社会的責任の一環として使用済み品の回収を手掛けたいと思うことは増えてきているようです。

業種限定の撤廃を

2019年10月02日

ご存知の通り、紙くず、木くず~については、特定の業種から排出されるなどの条件を満たした場合にだけ産業廃棄物に該当します。業種限定から外れた場合は、一般廃棄物となります(詳しくはこちらの解説を参照してください)。例えば、オフィスから排出される印刷用紙、雑誌類は紙くず、コーヒー豆、お茶かす、残飯などは動植物性残さ、木製の家具、調度品は木くずに該当しそうですが、オフィスは特定の業種に該当しませんので、(事業系)一般廃棄物となります。

一般に下取りというと「新製品購入時にそれまで使用していた製品を買い取ってもらう」サービスのことです。しかし廃棄物の世界では「新しい製品を販売する際に商慣習として同種の製品で使用済みのものを無償で引き取り、収集運搬する下取り行為については、産業廃棄物収集運搬業の許可は不要」という通知でいうところの「下取り」を指します。

普段から付き合いがある処理業者に新たに産業廃棄物の相談をしたところ、許可がないために断られた(相談しなかった)経験がある方は多いのではないでしょうか。頻繁に取引している処理業者に、ついでに持って行ってもらいたいと思うのは自然な考えではあります。