本音deリサイクル

取引がある処理業者に、新たな産業廃棄物の相談をしたところ、許可がないために断られた(相談しなかった)ことがある方は多いのではないでしょうか。近くの処理業者に頻繁に処理委託している場合は、たまにしか出ないものも、ついでに任せてしまいたいと思うのは合理的な考え方です。

産業廃棄物は20種類(21種類とも言いますが)ですが、おかしな種類分けがあると思いませんか?天然繊維が「繊維くず」で、合成繊維が「廃プラスチック類」だったり、木のタンスが一般廃棄物なのに、作り付けの木棚は「木くず」(建設廃棄物)だったり、合成高分子化合物に係る固形状及び液状のものすべてが「廃プラスチック類」だったり、粉末状の薬品が20種類のどれにも該当しないために一般廃棄物だったり。そもそもの考え方からして、改めて整理したほうがよいのではないでしょうか。。。

環境省が、市町村の焼却炉で産業廃棄物の廃プラを受け入れるように要請をしています。中国の輸入禁止措置によって、国内の産業廃棄物処理が逼迫していることへの緊急対策なのですが、普及には高いハードルがありそうです。