本音deリサイクル

2Rの進め方として、前回はエコラベルを参考にできるとご紹介しました。しかし、実施にあたって費用が発生する場合には、コスト削減効果を把握してから採用の是非を判断することになるでしょう。

3Rのうち最後の「リサイクル」は、リサイクルしてくれる業者に委託すれば推進することができます。その意味では、排出事業者に独自の工夫やノウハウが求められるということはありません。しかし、リデュースやリユース(=2R)は外部の業者に委託するというより、まずは自社内での取り組みが求められます。それも、各社の個別具体的な状況を踏まえた工夫となりやすく、他社の事例を参考にするのが難しいことが多いようです。

廃棄物の処理費が高騰し、受入が滞っています。いまこそReduce、Reuseが必要です。3回シリーズのうちの、「その1」では、インセンティブを考えます。

メーカーや販売者が、使用済の製品を回収してリサイクルしたいと考える(ユーザーからして欲しいと要望される)ことはよくあります。さらに昨今の海洋プラスチック問題を背景に、メーカーが社会的責任の一環として使用済み品の回収を手掛けたいと思うことは増えてきているようです。